自然と人が出会う場所

火曜日は山田沙奈恵さんのオープンスタジオの最終日だった。

その日は、私がセンターの入り口にたどり着くと、neruの佃七緒さんがちょうど坂から降りてきたところだった。私を見て、ちょっと相談したいことがあるという。

死んだ野うさぎがあるから、埋葬したいと。
どうやら猫が生きたウサギを咥えて、センターを横切ろうとしたそうだ。ちょうどその時、猫は佃さんと鉢合わせをしてしまい、驚いて捕らえたウサギを口から離してしまったらしい。それがちょうど、今使っていないメイン玄関の木のアプローチのところだった。そこを見ると、真ん中に小さめの茶色いウサギが死んでいた。確認した私は、区に野生動物の死骸への問い合わせの電話をしにその場を離れた。

戻ってくると、佃さんと、山田さんは近寄ってウサギをみていた。佃さんが見た時はまだ生きていたそうだ。二人のまっすぐに、そして労るように見つめる様子が、なんだかウサギの弔いになっているように見えた。

区はウサギの死骸を取りに来てくれるということだった。有り合わせのお線香をあげた後で、それぞれ自分の作業に戻り、しばらく区の業者の来訪を待た。しばらくしても呼び鈴も鳴らないし、誰か来た気配もなかった。

業者さんまだ来ないなと、アプローチを見に行ったら、まるで最初からなかったようにウサギは跡形もなく消えていた。お線香の残骸だけが残っていた。夢にしては現実的な、それでも変な夢を見たような気分になった。

数ヶ月前にセンターで行ったイベントの、パーマカルチャーデザイナーの安川エリナさんが言ったように、地理的にも、センターは人間と自然が出会う場所だと思う。前は住宅街、後ろは山である。隣にはお墓があることなんかは、生と死が出会う場所でもあると思っている。

これは考えすぎかもしれないけれど、近くに保久良神社があるのも影響するんじゃないかと密かに妄想している。物語を紡ぎ出しそうな場所である。アーティストの方なら経験あるかもだろうけど、たまに出くわすアーティスト・イン・レジデンスなんかにあるような怖い雰囲気ではない。長居したくなるような場所である。

ウサギの死のことは、不吉じゃないかと実際自分の頭の中を遮ったのだけれど、そんな感じではないなと感じる。
今回のことは私にとって強く印象に残った。なんとはなくアートと結びつけてしまう。アートは不思議なことを引きつけると思う。そして、様々な現象を浄化してくれるとも思っている。
この不思議なセンターは不思議なまま、夢にしては現実的な、夢が見れる場所であり、そんな活動を展開したいと考えている。