東アジアの女性アーティストに見る地域と歴史の境界をめぐる研究

大阪大学で行われる第3回科研研研究会「東アジアの女性アーティストに見る地域と歴史の境界をめぐる研究」で発表のお知らせです。

(代表者:小勝禮子)

■■ 「女性アーティストを取り巻く諸相:多様性/生計/ギャラリスト」

■日時:2019年7月27日(土)午後2時~6時

■場所:大阪大学豊中キャンパス、文法経研究講義棟1階、文11
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access (芸術研究棟=地図の6番)
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/toyonaka.html

■概要
 女性アーティストは、どのようにして生計を立て、制作を継続し、美術界を支えてきたのか。女性は、家計補助や代替労働力として社会に位置付けられてきたが、中堅以上で地方在住のアーティストの場合はどうか。アーティスト自身による報告と貸し画廊を主宰する事例の紹介を行う。一方「多文化主義」を標榜してきたアメリカ合衆国において、女性アーティストの状況に変化はあったのか。本研究会では、女性アーティストを取り巻く諸相について、美術に関わる3人が発表する。

■スケジュール
14:00~14:10  開始(自己紹介他) 司会:小勝禮子(京都造形芸術大学非常勤講師)

14:10~15:30    【発表1】
由本みどり(ニュージャージー・シティ大学准教授/ギャラリー・ディレクター)
「ホイットニー・ビエンナーレを通して考えるアメリカ芸術界の『多様化』と女性芸術家の活躍」
<休憩>
15:50~16:30   【発表2】
稲垣智子(アーティスト/大阪大学大学院M2)
「持続可能なアーティストの生活への考察―作品を通して」

16:30~17:10   【発表3】
中西美穂(大阪大学大学院D3/大阪アーツカウンシル統括責任者)
「貸し画廊とアーティスト
―田村慶子の陶作品《よりしろ》における楓ギャラリーの役割」

17:10~18:00    全体議論 司会:北原恵(大阪大学教授)
―――――――――――――

■主催:平成31年度科学基盤(C)(研究代表者:小勝禮子、分担者:北原恵・金惠信)
「東アジアの女性アーティストに見る地域と歴史の境界をめぐる研究」