アーティストの冬眠/アーティスト・イン・レジデンス

事後報告ですが、2月15日から20日まで「アーティストの冬眠」へ行っていました。というお名前のアーティスト•イン•レジデンスです。
私が派遣されたのは長野県にある木祖村。
美し山の連なりに囲まれ、人間が自然に住まわせていただいてるような感を受ける地域です。
「アーティストの冬眠」というだけあって、ゆっくり休んでもよし、作品を作ってもよしとアーティストのことを考えてくれたようなレジデンス。雪が真っ白に積もった美しい景色を眺めたり、長野に移住した友人に会ったり、スキーをしたり、その他いろいろ充実した日々を満喫しました。

 私の場合、プロジェクトの撮影したくてこのレジデンスに応募しました。その作品はプロジェクト「パーテーションズ」という作品で、始まりになった映像は大阪のスタジオ(SSK)で撮影しました。

プロジェクト「パーテーションズ」大阪で撮影したもの
撮影風景です。高い山の影が撮影場所まで覆います。

木祖村では、自分自身の撮影ではなく、住民の方々に撮影に参加していただきました。この撮影には「アーティストの冬眠」、木曽ペインティングスのスタッフの方々の多大なご協力のもとに可能となりました。感謝いたします!
現在は大阪で編集中です。
どうやって、この自然の雄大な土地の強い雰囲気を自分の作品に取り込めるかを考えています。

周りはキャベツ畑だそうです。冬は大地が広がります。
鳥居峠に至る途中の道。誰もいない道が続き、ただ冬枯れの木々が美しい。