2019年の始まり

明けましておめでとうございます。
2019年が始まりました。

今年は1月1日から映像の作品撮影で始まった内容の濃い1日でした。
元旦から撮影するのはさすがに初めての経験です。
どうして元旦かというと、人が集まるからです。というと、誰を撮影したのか見当がつく人もいるかもしれません。
特に小さい子どもを撮影するのは大変ですね。人間が本来はコントロールできないものだと知る良い経験になりました。
思わぬものが映っているハプニングもありました。

タイトルは「発酵をよむ」ということで、昨年はお酒にまつわるところに出かけることが多かったです。日本酒造りの過程を知ったり、複雑さ、日本特有の平行発酵や、日本酒で日本を知りました。

作品は大阪、谷町6丁目にあるギャラリー、+1 art(プラス イチ アート)にて1/30から2/16まで開催されます。2/11にはイベントがあります。
美術家は、稲垣智子、井上明彦、藤枝守です。
とても豊かな展覧会になると思います。ご高覧いただければ幸いです。