アートの作法

アートに作法というものがあるのか?
アート関係者ではない人から尋ねられたので、これを機会に簡単に答えてみました。
皆さんはどう思うのでしょうか?
アートの作法

①アーティストが自分がどういう社会的な存在(人種、国、性別など)でどういう思想や興味、関心があるかなどが明確であること。
(言葉にしたものをアーティストステートメントという)
②ステートメントを基にして作品を制作する。
制作は、その作品にまつわるコンセプト(考え方)とどのような素材や技術を使うか、のリサーチを行い進められる。
③発表する。
<その他>
社会的にはアートの歴史、文脈に、答え、新しいものまたは沿ったものである。
アートの価値

アートは世界の見方を変えることができる。最高のアートは時代を超えて影響を与える。
アートのリサーチの仕方
例)自分が女性の裸の彫刻作品を作り、現在の女性問題に訴えたいとしたら。
フェミニズム、男性学、社会学の本を読む。
対象となる地域や、職業の人々にインタビューする。写真をとったり、女性のスケッチする。
絵画にしたり、石膏で作ってみたり、違う素材で作ってみたりして、自分が思っていることに近づけていく。

保存保存