君の名は

「君の名は」を見ました。

アニメーションが圧倒的に美しかった。風景や空の美しさは秀逸でした。

その描写を完成するのに、どれぐらい人の努力がかかっているのかと思って感動しました。

さて、美術という分野には何が残っているのだろうか?

お金のない美術の世界には、これだけの技術とこんなにたくさんのスタッフを使う事はできない。

その中でアーティストたちは、違う形を持って、いらないものをそぎ落として人の心に触れるようなものを作らなければいけない。

そう思わせてくれるいい映画でした。