神秘的な光景

登山について前回書きましたが、富士山に8/23,24に行ってきました。

前日は台風が来て飛行機が欠航している状態だったので、富士山にたどり着けるのかという状況ながら、富士山五合目に到着することができました。

初心者にもまだとっかかりやすい吉田ルートを13時ぐらいにスタート。
一人登山のため、心配なのは、天気、高山病、怪我です。
慎重で、高山病にならない呼吸法をネットで調べて実践をしたのと、急がずにペースに気をつけました。

今まで練習のため登山した緑豊かな低山と違って、富士山は緑は少なくほぼ土や岩のみで、教皇が高いだけあって雲海が下に広がります。
その光景にさすが霊山、毎年来てもいいな、なんてのどかに思いました。

そして、2時間~3時間登山後、7合目の山小屋に宿泊をしました。

山小屋で仮眠し、0時半起床、再び登山開始です。
平日だったので人も少なく、真っ暗の中、ヘッドランプのみが頼りですから、登山道がわからなくなるところもありました。
延々と続く急な坂の岩山を登り、高山病(?)になって休んでいる人たちもおり、自分のペースに気をつけて、長い長い道のりを進みました。
すっかり「毎年富士山」への思いは消えました。

ペースを考えたら頂上に着いてからのご来光を拝むのは無理かなと思っていました。
5時過ぎにご来光予定で、途中の山小屋で「山頂まで何時間かかるか」と聞いてみたら、「1時間半」と言われ、
その時点ではご来光まで1時間15分しかありませんでした。

急ぐのは良くないので仕方がないと思いながら、あきらめずに自分のペースで進んでいると、なんとかご来光前に頂上に到着することができたのです。
ところが、残念なことに山頂ではご来光の直前に霧が立ち込めました。
待っていた人たちもがっかりでした。
「もうご来光は無理だ」、「早く降りよう」とか、「ラーメン食べよう」など、すでに諦めている状態でした。

それでも霧の中をずっと見つめていたら、そうしたら、ゆうっくりと光のかけらみたいなものがちょこっと見えて、ゆるりゆるりとお日様が現れたのです。
霧のヴェールをまとい、その丸い形を完全に表すと霧のもやを金色に輝かせました。
霧の紗を通して見えるお日様はなんとも上品で神聖で、後ろに仏様がついでに現れてもいいぐらいおかしくないくらい神々しく、
これがそれでも現実なんだと驚かせてくれるほど美しい光景でした。しばらくすると、しっかりお日様は太陽らしくなり、青空にさんさんと輝き始めました。

sunshine2
ご来光の美しさは写真には撮れなかったので、

日が昇った後の富士山

私も、日常らしい太陽になったお日様が目にまぶしすぎるようになってから、お鉢巡りをして、
山の天気らしく今度はころっと変わって、雨が降り出し、雨の中、下山をしたのでした。
辛かったのでもう二度と来ないぞと思いながら。