山に登る

低山ばかりですが、この夏は山に登っています。
全くアウトドアではない私が、いきなりなぜ山に登るのか。
今年は富士山に登りたいと思いたったからです。

mountain

登山をしたこともない私がこの突然の大きな目標を思い立ち、1週間後には富士山に登る予定を立ててしまいました。何も知らなかったので、ツアーではなく一人登山で山小屋を予約しました。

さてさて、登山予定の1週間後に、静岡に赴いたら富士山は雨。登山超初心者の私には雨の中登ることは拷問と思われ、山小屋を宿泊日変更をし、富士登山を一ヶ月延ばしました。

この延長が良かった。なぜかというと、登山の練習が一ヶ月間出来ることになったからなんです。この間に少しずつ山の高さを上げていって最後に富士山という計画を立てました。

この一ヶ月間の登山練習のように、私にとって身体能力を高める計画を立てたことが今までなかった。

つまり、美術制作にしてもこのように計画的に何かの能力を伸ばしていくような考え方がなかったんです。今回のおかげで計画を立てて高めていく方法があると知ることができたのです。(芸術能力が高められていくということが計画的に出来るかということは別として、組み立てられるということはできるかもしれません。)

他の分野で何かをするということによって気付かされることもあるものです。

あと、登山によって、もう一つ気付いたのは場所による視覚、視点の違い。インスタレーションや映像制作では空間の広さがとても重要です。

私は日本のほどほどの都市の郊外に住み制作をしてるので、やはりそういう環境のもとで育った空間感を持っています。

作品において、ビジュアルにおける奥行きがどうしても浅い感じになります。それはもともと持っている空間感であり、意図したことでもあります。山で感じたのは、日本の山の環境は狭くて、深い。この狭さヨーロッパやさらに広いアメリカとは違って、日本独自でもあると思ったんです。この環境を体感しました。

体感できる経験というのは、いろんな方向に響くものです。

山についての作品はないのですが、山には何度か作品のために録音に行ったことがあります。

一つは「オアシス (2005)」という作品の鳥の鳴き声などのオアシス的な音。

もう一つは「赤い部屋の森の夜(2005)」という作品の走り回る音。

人工的な音が入らないように、山に来ているのに、車の音や工事音など、どこでも人工的なものが入り込むものだと思ったものでした。